Google公式フォーラム と Google Partners 合同イベント で登壇してきました(5/20)

会社員時代も管理職にはついたことはなく会社作った後もたいして教える必要もない社員を1人雇っただけで、教育とか人材育成とかというのとは程遠い人生を送ってきた小西です、こんにちは。


そんな僕ですが、大変おこがましいことに、5/20 Google公式フォーラム と Google Partners 合同イベントにて、人材育成をテーマとするパネルディスカッションで、登壇してきました。
10年くらいSEM業界に携わってきて大手広告代理店のマネージャー職も経験されているGoogleの米満さんと、これまた元大手代理店で教育も担当してきて今はマナビトオンラインというオンライン学習サイトを運営している平野さんという、これぞテーマにぴったりな方と一緒に登壇するなんてほんとに僕でいいんでしょうかと思う中、勉強会やワークショップを開催して、様々な会社の方が学びにくる場を提供しているコミュニティを主宰している立場からのお話を、ということで、それならいいのか、と思いつつもずっと違和感を感じながらいろいろしゃべってきました。

Googleイベントでのパネルディスカッション


ということでイベント自体の報告記事を書こう、と思っていたらAdWordsトップレベルユーザーの藤原さんが書いていたのでどうぞそちらをご覧ください。

ウェブマーケティング+プラス「公式フォーラム + Google Partners 合同イベント 2014年 5/20」

※5/26追記 ここから
Googleアドワーズ公式フォーラムにも当日の様子が投稿されました。
AdWords フォーラム(コミュニティ) – Google Partners 合同イベントのご報告【懇親会編】
※追記 ここまで

教育に関する悩みは多く、様々

人材教育がテーマだったのでそれに悩んでいる人が多く来場されるのは当然ですが、懇親会でみなさんと話していても、やはり新人さんや部署のメンバーの教育は悩んでいる様子。手取り足取り教えてしまって主体性を持たせられない、新しい手法が出てきたりやり方が変わっていく中自分自身が掴みきれてない、などなど。

 

コミュニティが担える役割は大きい

そんな中、社外のコミュニティであれば能動的に学んでこられる、様々な考え方や情報に触れられるなど、社内では解決しづらい教育の問題をいくつか解消出来ます。今回、Googleとしてもコミュニティを活用してもらって、人材が育って業界がもっと良いものになってほしいという主旨のイベントでした。もともと僕は自分のスキルアップのために勉強会をはじめて、コミュニティを運営して4年目になり、社外でないと学びづらいことというのは考えていましたが、今回、パネルディスカッション、懇親会でみなさんと話をして、改めて、コミュニティが担える役割はとても大きいと考えました。

 

ただし、知られていない、一般的でない

懇親会で印象的だったのが、AdWords公式フォーラムのことでもSEMカフェのことでも、「そんないい場があったんですね、知りませんでした、そういうの待ってました。」という話。SEMカフェだって2012年から、公式フォーラムなんてもっともっと前からやってるわけです。やはり、今のところ、情報を貪欲に探している、一部の意欲ある人ばかりが来ている状態なのだと思います。またこれは前からたまに聞いている話ですが、外部のコミュニティに行くこと自体を上司が許可してくれないとか、変な人ばっかり来ているんじゃないの?という不安とか。もちろんコミュニティと言ってもどこもいいところばかりということもありませんし、うちだっていつでも上手くやれているとは思いません。話に聞くほとんどの不安に関しては払拭する自信はありますけど。

 

もっと広めて、もっと認められなければいけない

僕らがリーチするべき人達にリーチ出来ていない、コミュニティと聞けば「あぁ、いいんじゃないかな、行ってきなよ」と言われるくらいに普通のこととして認識されなければいけない。この2つが、コミュニティ主宰者としての課題かな、と感じます。
AdWords公式フォーラムも、SEMカフェも、まだまだですね。

この記事をシェアする

イベント関連情報

FaceBookページ