リスティング広告を、もっと幅広い人の仕事に

とっても事業継続させやすい仕事

リスティング広告の仕事というのはパソコンとネットがあれば出来て、オフィスも絶対に必要なわけではないという、比較的、フリーランスとしても一人法人としても独立しやすいものです。僕自身独立してから今まで、大変ありがたいことに、大きな投資もいらずに赤字も出さずにたいした営業活動もせずにご飯が食べられているという状況が続いていますが、それもリスティング広告という仕事を選んだからということが大きな要因の一つであったことは間違いないです。

 

多くの人が取り組みやすい仕事

リスティング広告運用者なんて、はっきり言ってデザイナー、コーダー、エンジニア、SEO施策者なんかに比べればたいてい、Webに関する知識も技術的知識もなくて、ソフトだってフォトショもイラレもGRCも、FTPソフトすらも持ってない人もいるくらいなんですよね。最低限に必要な知識は極端に言うとブラウザを立ちあげることが出来て広告管理画面にログイン出来て、後は広告の仕様を知っていればOK、運用に必要なレベルの広告の仕様なんてHTMLとCSSとJavaScriptを覚えるよりはるかに簡単です。誰でも出来ると言ってしまうとさすがに語弊がありますが、実務に取り組めるスタートラインに立つには他のWebの職より明らかにハードルが低いと思います。

 

思いがけない人が価値を生み出せる仕事

運用者としては駆け出しで、マッチタイプを間違えるくらい知識も経験もないころに圧倒的な成果を出した人がいます。業界では有名なベテランの人が運用していたけれどCPAは悪く収益は赤字だったアカウントを引き継ぐとことになり、2ヶ月かけて全力でアカウントを作ったところ初月でCPAは1/5以下、広告費は約4倍、コンバージョン数は約20倍になるという、広告主はもちろん運用者も自分でびっくりするくらいの成果が初月から出てしまいました(今思うとそのベテランの人が実際どうだったんだよという話もありますが)。
これは特に極端な例ではありましたが、その後も別の人で似たようなことが起きることを何度かみかけ、そうそう特殊なことではないことがわかってきました。その運用者達には、そうなる下地や環境があったり、上手く伸ばしてあげられる人がいたりしたのです。

つまりある程度の条件さえ揃っていれば、長時間の勉強や訓練などをしてからではなくても価値を生み出す仕事が出来ます。

 

これをほんの一部の人の仕事にしておいていいのか?

場所と時間に縛られない、特別な知識もそれほどいらない、良い下地を持っていれば価値を生み出せる、こんなに良い仕事を、今リスティング広告の仕事に就いている人だけの仕事にしておいていいのか?それはもったいないのではないか?と僕は考えています。

現在リスティング広告の運用の仕事に就いている人が日本に何人いるかわかりませんが、日本に存在する全職種の中からしてもそう多いわけではないでしょう。また、潜在的にはリスティング広告の仕事に就くと良い価値を生み出せる人はかなりの数いるのではないかと、前述しました経験から勝手に思っています。

仕事の需要はある、求人も多いくらいだ、もっとこの仕事に就く人が多くていいはずだ…。

特に、今はほとんどフルタイムで働く会社員が就く仕事であるのが実情だと思いますが、それだけでいいのか?と考えています。

(余談ですが、リスティング広告の仕事をしているけれど本当の意味で運用の仕事に就けていない人も多いのではないかと思っています。それも業界の課題だと勝手に思っています。)

 

もっと幅広い人のための仕事に

異業種から転職してもらう、若くて可能性のある大学生を育てる、フルタイムでは働けないから一般的な代理店には就職できない人のための労働環境を作る、いや今すでにこの仕事に就いている人達をさらに伸ばしたり退職率を下げたりすることでそもそも減らさないようにして自然に増やしていく、などなど、この素晴らしいリスティング広告の仕事がさらに多くの人のものになるようにするにはいくつかのやり方が考えられます。この中で僕は、フルタイムで働けない、毎日出社は出来ない、そういう人のための仕事にするための仕組みを作ろうと考えました。主には家庭の生活が優先である人、つまりだいたいが主婦or主夫の方になるでしょうね。主婦or主夫に限定するわけではないですが。

フルタイムで働ける人や大学生などの中から人材を発掘したり育てたりすることは、多くの会社がやってると思います。知り合いの会社でもかなり良い感じに進めているところがあります。なのでうちはそこをやるつもりがあまりありません。うちも一緒になってそこやったほうがいいんじゃないの!?そのほうが相乗効果で業界良くなるんじゃないの!?と考えることも出来ますが、他の会社に任せます。とにかくうちはフルタイムで働けない人のための労働環境整備を、やるんです。

 

でも今すでに本気で頑張ってる運用者に勝てるの?

毎日長時間本気で取り組んでいるからこそ大きな成果を出せている運用者と案件、という存在もあります。とても高度で、複雑で、広告のシステムをフル活用してこそ出せる成果もあります。

そんな手練れの運用者達に、長時間じっくり取り組めない運用者が勝てるのか?
多分勝てないでしょう。
おいお前そんな簡単に俺達に勝てると思ってるんじゃねぇぞ、って感じる運用者さんも多いことでしょう。ごもっともです。僕も思います。

 

まだまだ、発生しなければいけない広告主と運用者の出会いがあるはず

とはいえきちんと運用してもらえていない広告主さん、ついこの前はじめたばかりでちょっと勘所が良いだけの運用者に負ける代理店さんがいることも事実で、きちんと価値のある、広告主と運用者の出会いをもたらすことは可能だと思っています。むしろこれまで困っていた広告主さんを救える機会は少なくないと思っています。具体的には少額予算のアカウントを主として請け負うという姿勢で打ち出しはするのですが、実際には予算の大小が本質ではありません。

 

とはいえそう簡単に出来るとは思っていませんが

従業員の教育、従業員や案件の管理、案件の確保、広告主さんの意識などなど課題はたくさんありますし、利益もあまり出る気がしません。運営側としても今の人員では足りないでしょう。でもやるんです。

新しい働き口を作って、今まで価値を得ることが出来なかった広告主さんにも価値を提供して、成功したらもたらすことが出来るであろうこの業界へのあるインパクトをイメージしています。
っていう僕の挑戦です。

 

パートdeリスティング広告

この記事をシェアする

イベント関連情報

FaceBookページ